審査の前に自分の信用情報開示

審査では、その人の信用情報を見ても判断していきますので信用情報に問題がないのかあるのかで大きく違ってきます。そこで、今までにキャッシングやカードローンなどを利用した経験がある人は自分の信用情報にマイナス点が記載されていないのかを確認する事も必要になってきます。

 

ただ、今までにぜったいに延滞した事もないですし、債務整理を行った事もないという人はマイナス点が書かれている事はないですので別に自分の信用情報を開示する必要はなくなります。

 

あくまで過去に利用した時に延滞した事がある人や延滞したかもしれないという人や債務整理をした事がある人だけが開示をお勧めします。

 

過去に延滞や債務整理をしていても必ずしもマイナス点が記載されているわけではないです。延滞や債務整理といったマイナスの記載は、一定期間が経過すると削除されるようになっています。一定期間というのは少しばらつきがありますので、それを確認する意味でも開示していきます。

 

もし削除されていれば審査を受けて通る可能性があるという事ですし、まだマイナス点が記載されていたらもう少しまってから審査を受けるという決断ができます。自分の信用情報を開示する事は決断するためには重要な事です。

 

延滞記録が残される期間について

キャッシングを利用する上で避けたいのは延滞です。延滞は遅延利息の発生やカードローンの利用停止、他の借り入れの審査への影響など様々なデメリットがあります。

 

延滞の影響が大きい理由の一つは、延滞をした事実が記録として残されるということです。延滞をしている最中に新たな借り入れがしにくくなるのは当然のことだとしても、既に完全に返済を済ませているにも関わらず、新規借り入れの審査に悪影響を及ぼしてしまうのはなかなかシビアな扱いだといえます。

 

この延滞情報が記録として残される期間には一定の定めがあります。消費者金融系の信用情報機関では延滞の事実は返済終了から1年間だけ記録されます。1年が経過するとその情報は消されるので審査に影響を及ぼすことはなくなります。

 

厄介なのが銀行系の信用情報機関に残される延滞情報で、この保存期間はなんと5年もあります。つまり、延滞を終了してから5年間は審査に悪影響が出るというわけで、住宅など大型ローンを組もうと考えている方にとってはキャッシングをより計画的に利用する必要があるでしょう。

 

ちなみにこれらの信用情報とは他に、金融機関および消費者金融は独自の顧客データも持っています。よそに提供されることはない代わりにこれらの情報はかなりの長期間保存されていると考えられます。

 

以前に滞納したことのあるサービスに再び申し込む場合は、所定の期間が過ぎたあとも審査に影響がでる可能性があるのです。

 

滞納をし続けているといつまで経っても解決ができないので、返済が苦しいと感じるなら債務整理手続きを進めるようにしてください。

 

安心感のある大手消費者金融業者

消費者金融と言うとあまりいいイメージを持っている方は少ないでしょうが、大手消費者金融業者なら安心して利用できる状況です。利息も利息制限法の上限をきちんと守っていますし、ご利用限度額も数百万円とかなり高くなっています。

 

どなたでも数百万円まで融資が受けられるわけじゃなく、お申込者の返済能力や信用力によって適切な範囲でご利用限度額が設定されます。

 

アルバイトやパートの方でも、たとえ多くはないとしても毎月にそれなりの安定収入があればご利用可能ですが、正社員より収入は少なめですのでご利用限度額は低めに設定されることが多いです。

 

ほとんどの大手消費者金融業者で申し込んだ当日中に融資が受けられるので急な出費ですぐにお金を借りたいときに大変便利です。インターネットで申し込むと最短30分ほどで審査回答があり、銀行口座に当日中に振込されます。

 

大手消費者金融業者は審査スピードが早く審査に受かりやすいメリットがありますが、銀行と違って貸金業者ですので総量規制の対象になります。総量規制では借入総額が原則年収の3分の1を超えてはいけないと定められています。

 

審査に受かりやすいとは言っても他社からの借入が多いと審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

 

借入が多く審査に不安な方はホームページで簡易診断を行っているのでまずはご利用できるかチェックしてみてください。

 

借入をまとめるおまとめローン

あと少しお金があればもう少しゆとりを持って暮らせるのにと感じたり、急な出費ができることもあります。お金が足りないと感じることもあるものですが、その時はそれほどまとまった金額でないことが多いものです。

 

月末の支払いなどのこともあるので、それさえ何とか乗り切ることさえできれば何とかなる程度の金額のことも多いものです。消費者金融を利用し始める際は、決して多額の借入をするのではなく、ごくわずかな金額のことが多いものです。安定した収入があればすぐに返済のできる程度の金額といえます。

 

しかし生活設計が少し乱れると返済に困ってしまうことがあります。返済のために新たに借入を繰り返すという多重債務に陥ってしまう状況にもなってしまいかねません。そのような状況から逃れるためにおまとめローンを活用したいものです。

 

おまとめローンは複数の借入を一本にまとめるというものです。おまとめローンを利用して借入を一本化したほうが管理がしやすいわけですし、金利を低く設定しなおしてトータルの返済額を減らすこともできます。

 

収入から見てあまりにも借入が多くなりすぎると銀行おまとめローンの審査を通過しにくくなってしまいます。できるだけ返済をできるようにするためにも、早期に対策をしたいものです。